ICT実践-業務効率化-

デジタル変革で子どもたちを守る:保育園のためのスマート散歩表ガイド

現代社会において、保育園での園児の安全管理はますます重要なテーマとなっています。

特に、園児の置き去り事故は、散歩中など日常の活動中にも起こり得るリスクであり、これに対する確実な対策が求められています。

事故を未然に防ぐためには、人数確認の方法や記録のあり方などの『仕組み』を見直す必要があると広く認識されていますが、従来の紙ベースの名簿では、記録の不正確さや個人情報の流出といった二次的なリスクを引き起こす可能性があります。

このような背景の中で、ICTの活用が有効な解決策として期待されています。

デジタル化された届出票の導入は、利便性と秘匿性を向上させ、リスクを低減する一助となるでしょう。加えて、人間による単純ミスや注意力の低下が原因で起こるヒューマンエラーも、ICTツールの導入によって軽減される可能性があります。保育者の疲労や心理的なストレスは、注意力を必要とする業務でのミスを引き起こしやすく、これが深刻な事故につながることも少なくありません。

この記事では

保育園の業務を効率化し、園児の安全を高めるためのICTの活用方法を具体的に紹介します。

Googleスプレッドシートを利用した散歩表の作成から活用方法、

そのメリットまで、実践的な視点から解説していきます。これにより、保育園の先生方や自治体職員が、より安全で効率的な業務運営を実現する手助けとなることを目指しています。

Googleスプレッドシートによる散歩表の革新

使い方の概要

保育園での散歩時の安全管理を強化するために、Googleスプレッドシートを用いた届出票の活用が効果的です。使い方はシンプルで、基本的にはプルダウンメニューやチェックボックスを操作するだけです。

まずは以下の使用している動画をご覧ください。

【新規】のチェックボックスにチェックを入れると、自動でその日付入りの届け出シートが作成されます。

【行先】【連絡先】【予定の帰園時間】をプルダウンから選択します。これらのプルダウンの内容は、各園が独自にカスタマイズ可能です。

【担任名】と【子どもの名前】の隣にあるチェックボックスを選択すると、子どもの人数が自動で特定のセルに反映されます。

【出発】と【帰園】にそれぞれのチェックボックスにチェックを入れると、押した瞬間の時間がタイムスタンプとして記録されます。

実際の使用体験

実際にこのシステムを導入していますが、以下のような利点がありました。

物理的な移動時間の削減:

紙の届け出に必要な移動時間がなくなり、スマートフォン一つで全ての記録が完結します。これにより、子どもたちを待たせる時間が減少しました。

散歩状況の即時共有:

園内の他の職員や管理者がリアルタイムで散歩状況を把握できるようになり、情報共有と連絡のスピードが向上しました。

詳細な記録の保存:

タイムスタンプや参加した子どもたちの情報など、後から詳細に情報を見返せるようになりました。これは監査や報告書作成の際にも非常に有効です。

自治体による監査の内容に差異がある場合でも、このシステムはカスタマイズ可能であり、それぞれの園や自治体のニーズに合わせて適用することができます。

保育園の未来を支えるICTの力

保育園における子どもたちの安全と保育者の業務負担の軽減は、現代社会が直面する重要な課題です。

この記事で紹介したGoogleスプレッドシートを活用した散歩表の導入は、

これらの課題に対する効果的な解決策を提供します。このデジタル届出票は、

保育園の日常業務を大幅に効率化し、同時に園児の安全管理を強化します。

保育園の先生方は、このツールを使って、散歩時の子どもたちの安全を守りつつ、

業務の効率化を実現できます。このシステムの導入により、

保育者は子どもたちと過ごす質の高い時間を増やし、

園児たちの安全と成長をより良くサポートできるようになります。

私たちは、保育園の運営を支えるICTツールの普及と活用を強く推奨します。

この記事を通じて、多くの保育園や自治体がこのシステムの導入を検討し、

子どもたちの安全と保育者の働きやすさが向上することを期待しています。

この散歩届表に興味がある方

XのDM、本ページのお問い合わせよりご相談ください。